お勧めサイト
ポイントサイト

げん玉
げん玉

詳細
えある
ポイントサイト えある

詳細
GetMoney
GetMoney

詳細

more...
リードメール

1番めーる
1banmail.com

詳細
ねっとdeGoo
新規会員申し込み

詳細
BlackCherry
新規会員申し込み

詳細

more...
ブログライター

ブログミ
アフィリエイト

詳細
レビューブログ

詳細
ドリームニュース
DreamNews ブロガー募集

詳細

more...
3・4月の集計結果
最も稼げたサイト


詳細


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


OpenOffice.orgのファイルを閉じる:
void Close(XComponent xComponent)



この関数ではXComponent Open(String fName)にて取得した
コンポーネントを破棄する。


using unoidl.com.sun.star.uno;
using uno.util;
using unoidl.com.sun.star.lang;
using unoidl.com.sun.star.frame;
using unoidl.com.sun.star.beans;
using unoidl.com.sun.star.util; //XCloseable

public void Close(XComponent xComponent)
{
if (xComponent != null)
{
XCloseable xCloseable = (XCloseable)xComponent;
xCloseable.close(true);
xComponent = null;
}
}




OpenOffice.orgのファイルを閉じる:XComponent Close(XComponent xComponent);





スポンサーサイト
2009.02.23 Mon l OpenOffice l コメント (0) トラックバック (0) l top


OpenOffice.orgのファイルを保存:
void Save(XComponent xComponent, String fName);



この関数ではXComponent Open(String fName)にて取得したコンポーネントを
第2引数で指定したファイルパスにて保存する。



PropertyValue[].Name で属性を変更できる。

下記関数の場合は
PropertyValue[].Name = = "Overwrite"; とすると上書きである。



using unoidl.com.sun.star.uno;
using uno.util;
using unoidl.com.sun.star.lang;
using unoidl.com.sun.star.frame;
using unoidl.com.sun.star.beans;
using System.Windows.Forms;


public void Save(XComponent xComponent, String fName)
{
if (fName != null)
{

XStorable xstorable = (XStorable)xComponent;
PropertyValue[] storeProps = new PropertyValue[1];

storeProps[0] = new PropertyValue();
storeProps[0].Name = "Overwrite"; //上書き
storeProps[0].Value = new uno.Any((Boolean)true);

try
{
String sURL = "file:///" + fName;
sURL = sURL.Replace("\\", "/");
xstorable.storeAsURL(sURL, storeProps);
}
catch (unoidl.com.sun.star.uno.Exception e)
{
MessageBox.Show(e.Message);
}

}
}





OpenOffice.orgのファイルを保存:XComponent Save(XComponent xComponent, String fName);





2009.02.23 Mon l OpenOffice l コメント (0) トラックバック (0) l top


OpenOffice.orgのファイルを開く: XComponent Open(String fName);



この関数ではファイルパスを引数に渡して、

開いたファイルの操作用のコンポーネントを返す



関数内のloadComponentFromURL関数の第1引数を

変更するとCalc以外のファイルを開くことができる。



using unoidl.com.sun.star.uno;
using uno.util;
using unoidl.com.sun.star.lang;
using unoidl.com.sun.star.frame;
using unoidl.com.sun.star.beans;

public XComponent Open(String fName)
{
XComponent xComponent = null;

try
{
//コンポーネントコンテキストの取得
XComponentContext localContext = uno.util.Bootstrap.bootstrap();

//サービスマネージャの取得
XMultiServiceFactory multiServiceFactory = (XMultiServiceFactory)localContext.getServiceManager();

//コンポーネントローダの取得
XComponentLoader componentLoader = (XComponentLoader)multiServiceFactory.createInstance("com.sun.star.frame.Desktop");

if (System.IO.File.Exists(fName))
//ファイルが存在する場合はそのファイルを開く
{
String sURL = "file:///" + fName;
xComponent = componentLoader.loadComponentFromURL(sURL, "_blank", 0, new PropertyValue[0]);
}
else
//ファイルが存在しない場合は新規ファイルを開く
{
xComponent = componentLoader.loadComponentFromURL("private:factory/scalc", "_blank", 0, new PropertyValue[0]);
}
}
catch (unoidl.com.sun.star.uno.Exception e)
{
MessageBox.Show(e.Message);
}
return xComponent;
}



OpenOffice.orgのファイルを開く: XComponent Open(String fName);

2009.02.23 Mon l OpenOffice l コメント (0) トラックバック (0) l top
OpenOffice.org 3.0 のクライアントアプリケーションを

作成するための準備について


Microsoft Visual Stdio C# 2008 入手先リンク


まず、OpenOffice.org 3.0/OpenOffice.org 3.0 SDK をインストールする。


↓入手は以下のリンクからどうぞ



 Use OpenOffice.org




普通にインストールした場合、

SDKの.NET用のコンポーネントDLLが

以下のフォルダにインストールされる。


C:\Program Files\OpenOffice.org 3\Basis\sdk\cli






ソリューションエクスプローラの参照設定で

右クリック⇒参照の追加を選択


code_a0000



参照にてファイルを上記フォルダのDLLをすべて選択して

OKボタンを押して終了。




code_a0001



制御関数の作成に続く
2009.02.22 Sun l OpenOffice l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。